むやみに怖がらなくて良い!「ステロイド」の正しい知識と効果

さまざまな治療薬としてのステロイド剤

ステロイドとはどんな薬なのか

普段使わないお薬に対してはあまり詳しくなれませんよね。
しかし、メディアなどで怖いイメージの情報を見てしまうと、いざそのお薬が処方された時になんとなく不安になることも多いかと思います。
ステロイドとは、一体どんな薬品なのでしょうか。
ステロイドとはかゆみや炎症を抑える働きのあるお薬で、体の免疫を抑制する作用もあります。
免疫を抑制すると聞くと怖い印象を持ちますが、要はアレルギー反応を抑える働きのことです。
アレルギー反応とは体の免疫機能が過剰に働いてしまうことになります。
それによって引き起こされる炎症など、さまざまな症状を抑える働きがステロイドにはあるのです。
そういった意味で、とても頼もしい薬とになるのです。

どんな成分なの

ステロイドは副腎と呼ばれ臓器の皮質から分泌されるホルモンの一種になります。
副腎は腎臓の上にある内蔵なので、人間の体の中に最初から備わっているホルモンになります。
成分はプレドニゾロンと呼ばれ、前述した通り炎症やかゆみを抑えて免疫力を抑制する働きがあることから、内服薬・外用薬としてさまざまな疾患の治療に使用されているお薬です。
しかし、症状の緩和が主な目的の薬品に当たるので、完全な治癒目的のお薬として多用してしまうと、副作用の危険性も出てきます。
どんなお薬も用量や使用法を間違えてしまうと症状を悪化させる原因になってしまいます。
ステロイドはホルモン系のお薬であり、免疫に作用する働きがあることからも自己判断で多用してしはいけないのです。


この記事をシェアする