むやみに怖がらなくて良い!「ステロイド」の正しい知識と効果

ステロイドの使用方法

正しい使用法を知る

どんな薬でも副作用のリスクがあるようですが、もちろん、どんなお薬でも用法・用量を正しく扱えば高い効果を発揮し私たちの体の助けとなってくれます。
例えば、虫刺されなどの感染症の治療にステロイドを処方された場合、数回の使用でびっくりするような効果を発揮してくれることもあるのです。
その分、患者側の使用の際には適切な使い方が求められるとも言えます。

塗り薬としてのステロイドの場合、症状によって使用する範囲と期間・使用頻度に量、薬剤の強さのバランスが変わります。
以前に家族がもらったステロイド剤の強さが、その症状に適しているのかは専門的な判断が必要になりますので、ご家族の使用方法で安易に用いらないようにする方が良いですね。

ここを抑えよう使用のポイント

用法を正しく守れば安全で高い効果を発揮してくれるステロイド。
処方されたときには医師や薬剤師の方のお話をしっかり聞きましょう。
市販の軟膏剤の場合も多用は避けます。
一日二回の使用を原則として、かゆみや炎症を抑えたい患部に薄く塗るようにして様子を見ておきましょう.
効果が高いので、前の薬が残っていることもあるかと思いますが、そちらは使用を控えておきましょう。
何か普段と違う症状が出た場合は、自己判断せずに使用されたお薬を持って病院にかかり専門の判断を受けた方が安心です。
慢性的なアレルギー体質で薬を使用されている方は、使用を中断されると症状が出てしまうので市販薬で対応されてなかなか症状の改善が見られない場合も病院にかかられる方が良いですね。


この記事をシェアする